2013年01月28日

井上ひさし 組曲虐殺 を観た

昨年暮れ、所要で訪れた市川文化会館。

IMAG0355.jpg
∴井上ひさし記念室

ここに井上ひさし記念室がありました。
永井荷風が好きでこの地に移り住んだといいます。詳しくはこちら

お芝居観るっていうのは韓国でNANTAを観たくらいで、
今までそれほど観たいと思わないで来たけれど、
私の周りはお芝居好きがたくさん。
で、この機会に観てみようと思ったのがこの作品。

IMAG0356.jpg

組曲虐殺

物語の主人公は「蟹工船」の作者小林多喜二。
プロレタリア作家小林多喜二の「蟹工船」は
暗く重い作品でしたね。

数年前に見たこの映画も重かったですけど
笑えるシーンがあったことでものすごく印象に残りました。
そして
この小林多喜二の人生が描かれたこの戯曲は同じく暗い題材にも関わらず
明るく描かれていました。
もともと多喜二は明るい人だったとか。

休憩直前にお財布にお金が居つかないという歌があり、
休憩時間、がま口を買ってしまいましたw

IMGP1161.JPG

夫は、買うのはパンフじゃない?と言いまして、
私もそう思い、帰りにパンフも買いました。

IMGP1162.JPG

パンフには小林多喜二が拷問の末
亡くなった写真やデスマスクが写っていました・・・
絶句・・・
尋問も体罰も拷問も、人に苦しみを与える行為は許せない!
posted by 栗*金時 at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | お芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

白川郷から永平寺1,500キロの旅 1日目

数年前から白川郷のライトアップを見てみたいと思っていました。
白川郷〜飛騨高山は20代のころ5月に旅行したことがありますが
今回は雪の白川郷、1月19日〜20日のバスツアー。

IMGP5751.JPG
白川郷期間限定ライトアップ

この長距離が、後日ぎっくり腰の原因になっちゃったんですね、きっと。
まあこの時はウキウキ車窓を楽しんでました!

IMGP5626.JPG
∴憧れの白川郷
⇒ 続きはここをクリック
posted by 栗*金時 at 21:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

文学浪漫の香りあふれる街を散歩する JR御茶ノ水駅 1/13

〜数多くの文人たちがこよなく愛した街の足跡をたどろう〜

1月13日(日)大雪の前日、比較的良い天気
前日に引き続き駅ハイ期間限定 JR御茶ノ水駅最寄りの

IMGP5389.JPG
∴この日の仙台掘 朝日を浴びて

ここをいつも仙台掘と称していますが、
なぜ仙台掘と呼ばれるかという由来をお書きになった
やすべいさんのブログ「江戸観光案内」をご参照ください。

を通り過ぎ

IMGP5391.JPG
∴順天堂大学路地裏の「東京都水道歴史館」がスタート地点

suidouhakubutukan.jpg
∴江戸の水事情

この歴史館面白そうなのでゴールしてから見学することとし、
ウォーキングスタート。

⇒ 続きはここをクリック
posted by 栗*金時 at 13:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 2013 駅からハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サムライのまち 七福神・招福開運ウォーキング 1/12

〜開運七福神を訪ねて、今年の運気を上げよう!〜

1月12日(土)今年初の駅からハイキング期間限定に行ってきました。

sakuraekimae.jpg
∴出発駅は総武本線 佐倉駅

受付はいつものカード読み取りマシンがなく会員番号手書きでした。
参加者が少ないからかしら。
でなきゃデータ打ち込み作業は大変すぎるよね。

佐倉は今回初めての地。
城下町ということでとっても楽しみにしていました。
⇒ 続きはここをクリック
posted by 栗*金時 at 12:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 2013 駅からハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

帰宅の記

1月4日金曜日 帰宅の日。昼前に出発。

以前にも紹介したことがあるインドネシア料理のお店に寄ってみました。

IMGP5224.JPG

えなっ」インドネシア語で美味しいという意味

インドネシア人のご主人アナンさんと、名取出身の奥様ひとみさんの
二人でやっている本格インドネシア料理のお店。

ここ数年、お店の休みと重なってなかなか来ることができなかったのですが、
今回久しぶりに再会できました!
⇒ 続きはここをクリック
ラベル:えなっ
posted by 栗*金時 at 13:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 帰省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

雪原散歩なら定義山

宮城も太平洋側は雪が少ないのです。
このお正月も薄ら雪化粧はあっても、すぐ溶けてしまいました。
そこで雪を体験するなら定義山!
この雪深い山奥、住所は仙台市青葉区なんですよ〜

IMGP5180.JPG
平家落人の里 定義山

「定義如来の由来

開祖ともいうべき、肥後守平貞能公は、平重盛公(内大臣、小松殿)の重臣でした。
貞能公は、平家が、壇ノ浦の戦いに敗れた後も、
平重盛公より託された阿弥陀如来の御霊像をまもり、
源氏の追討をのがれて、この地に隠れました。
ここにおいて貞能公は、なおも世をはばかり、名を「定義」と改めました。
この地を「定義」、阿弥陀如来様を「定義如来」と呼ばれる由縁です
 貞能公は、建久9年(1198)7月7日、御年60歳を以てお隠れになり、
そこで従臣達は貞能公の遺命を奉じ、
公の墓上に小堂を建て如来様の宝軸を安置し守りました。
 宝永3年(1706)、従臣の後裔早坂源兵衛が
自ら出家し「観蓮社良念」と称し、「極楽山 西方寺」を開創されました。」


http://www.johgi.or.jp/engi/index.html
⇒ 続きはここをクリック
posted by 栗*金時 at 16:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 帰省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

伊達武将隊!

1月2日、炭水化物たっぷりのお昼ごはんを頂いてしまったので、
糖尿人に付き合って仙台の街歩きをしました。



1月2日というと、仙台好例の「初売り」です。

正月恒例の「仙台初売り」が2日、仙台市内の百貨店などで行われた。

 同市青葉区の「お茶の井ヶ田」本店の初売りでは、5000円以上購入した先着100人に、日本茶のほかに電化製品などの景品が入った茶箱が贈られた。同店は1935年から茶箱を景品としており、午前7時の開店時には200人以上が並んだ。茶箱を手にした同市宮城野区の大沼碧緒衣(あおい)君(8)は「おもちゃ箱に使う」と上機嫌で話していた。

 約3万5000個の福袋を用意した青葉区の百貨店「藤崎」には、午前8時の開店前に約1万1000人が列をつくった。

(2013年1月3日 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20130102-OYT8T00614.htm



にぎわうクリスロード
上にいるのは「仙台四朗」さま
商売繁盛の神とされています。(実在だった人物)

「鉄砲職人の家の4男として生まれたとされる。火の見櫓のそばに生家があったため、櫓下四郎とも呼ばれた。元々は聡明な子供だったが、7歳の時、花火見物中に誤って広瀬川に転落して溺れ、1週間意識不明で生死の境をさまよった。それが元で知的障害を負ったとされる。言葉は「バアヤン」としか話さず、市中を歩き回って人に金品をもらったりしていた。人に危害を及ぼすことはなく、子供が好きで、いつも機嫌よく笑っていたという。

「四郎馬鹿(シロバカ)」などとも呼ばれたが、立ち寄る店は必ず繁盛するとされたため、どこでも無料でもてなされた。四郎は素直な性質であったが、気に入らない店には誘われても決して行かなかったという。」
wikiより転記



人ごみを歩いていると太鼓の音が。


∴伊達武将隊

今回初めて知った、「仙台おもてなし集団、伊達武将



あいにくこちらを向いた写真が取れなかったのですが、
なかなかイケメン武将のようですw
仙台城から各地へ出没するらしい。
今回遭遇できてラッキーでしたv


∴夕方の仙台駅

このあと、知人と飲みに行きました。


posted by 栗*金時 at 19:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 帰省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

宮城限定

去年知った浦霞の本格焼酎


∴浦霞焼酎

浦霞っていうとお酒が好きな人は
ご存知の宮城は被災地塩釜の日本酒です。

私は日本酒は飲めない(寺田本家さんの一部のみ)ので、
浦霞の日本酒は飲んだことはないのですが、
浦霞の本格焼酎っていうのがあるんですねぇ。
日本酒のもろみを使って作る焼酎です。

去年初めて飲んだ時の感動の記事はこちら
2011年12月31日の浦霞焼酎
2012年3月23日の浦霞焼酎

↑ なんか以前の記事を読むと、風邪引いたとか書いてるんですねぇ。
数十年風邪引いたことない!と、この間書いたばっかりなので、
自分でも心外ですわ〜(^^ゞ

で、今年もまた弟が伝手からゲットしていてくれて、
元旦早々、浦霞焼酎で盛り上がりました!
日本酒の香りが日本酒よりさわやかで引き立つ、
フルーティというかなんというか素晴らしい香りの焼酎、絶品!!!
ず〜っと香りを嗅いでたい、空き瓶も捨てられないw



また、父も別の伝手から入手できたとのこと\(^o^)/
地元の人でもなかなか手に入らない幻の焼酎だっていうのに。

ちなみに復興版として去年のGWに見かけた「希望の夜明け」は
原材料が東日本大震災で被災した醪(もろみ)の焼酎で
当時たくさん売られていましたが今回見かけませんでした。

ビール バー ビール バー

もひとつ宮城限定で、貴重だというウィスキーを見つけました。


ニッカウィスキー 伊達

仙台の奥座敷、作並温泉へ向かう途中にニッカ工場があります。
(大昔一度訪れて試飲した記憶が微か)

ここも311の打撃を受け、今年からこの伊達が復活したばかりといいます。

香りが何とも言えないいい香り〜
カフェモルトとカフェグレーンっていうカフェに魅かれて♪



これはつまみなしでじっくり味わいたいウィスキーですね。
この夜は私が料理担当で、ミルフィーユ鍋を作りました。
なので伊達は置いといて、ビールでお鍋をつつき、
後からじっくり伊達を味わいましたよ〜

限定で手に入らないと思ったら、仙台駅でも売っていたので、
伊達は手に入るみたいですね。

どちらも香りが素晴らしい。
どちらも糖尿人は召し上がれますv
posted by 栗*金時 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 帰省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

仙台空港から光のページェント

昨年大みそかに実家近くをウォーキングしました。
年末12月31日 晴天

実家⇒イオンモール⇒美田園⇒仙台空港⇒電車⇒仙台駅⇒名掛丁通り⇒クリスロード
⇒大町商店街⇒番町通り⇒定禅寺通りの光のページェント⇒電車⇒実家

IMGP0289.JPG
∴実家からバイパス(国道4号線)を横断するとこの風景。

見事な田園風景。
でも311 この付近まで津波が来たのです。。。



⇒ 続きはここをクリック
posted by 栗*金時 at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 帰省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

2013年 実家の元日

大みそか、紅白を見た後、ちらっと「行く年来る年」を見てから
東急ジルベスターコンサートカウントダウンを見ました。

今年は「エルガー」の威風堂々♪



ちょうど! タクトを止めたその瞬間!! 

ぴかぴか(新しい)Happy New Year!!!ぴかぴか(新しい)

ここから感動の新年を迎えました。
⇒ 続きはここをクリック
posted by 栗*金時 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




にほんブログ村

にほんブログ村
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。